• コンテンツ
  • トップページ
  • 業務案内
  • 報酬料金
  • 事務所情報
  • 代表挨拶
  • 経営理念
  • 事務所概要
  • 提携先
  • よくあるご質問
  • コラム
会計ソフト「MFクラウド会計」 クラウド会計ソフトfreeeフリー マイベストプロ

税理士コラム

トップページ>税理士コラム

税理士 大沢育郎の視点

 大沢税理士事務所 所長 大沢 育郎(おおさわ いくろう)が、税理士の視点から様々な内容についてコラムを更新します。

キーワード検索:

税務署の組織構造を追え

2015年02月15日 更新

課税権者の組織構造は、3層になっています。
国税庁(本庁)

国税局(11局と沖縄国税事務所)

税務署(全国に524税務署)

国税庁は財務省の外局という位置です。
※実行部隊は、約55,000人(12,000+43,000人)

(1)国税庁 約800人

ファイル 113-1.jpg










(2)国税局 約12,000人

ファイル 113-2.jpg

















(3)税務署 約43,000人
※(例)東京の税務署

ファイル 113-3.jpg











誤解としてよくあるのが、「マルサ」です。
マルサは、税務署で手におえない大規模案件などを扱う、
国税局査察部’を指します。
よって、「税務署≠マルサ」、「国税局=マルサ」が正解です。

この3層構造のトップは国税庁で、それを束ねるのが、国税庁長官です。
国税庁の下にある国税局は、国税庁の地方支分部局ですが、特に、
大阪国税局は、国税庁長官の言うことをあまり聞かない、
やんちゃな局であるため、国税庁長官と大阪国税局長官と
「長官」が2人いると言われたりしているそうです。
土地柄か、それくらいのタフさがないとやっていけないのかも知れません。

役所組織であるがゆえピラミッド構造であり、非常に厳格な縦社会で構成されています。
よって、税務署を退職して税理士となった税務署OBの愚痴の1つとして、
もう辞めた身なのに、会合などで先輩等と顔をあわせると、
いまだに当時の序列で接しないといけない…、ことがあるそうです。

国税庁、国税局、税務署と3つの組織は、それぞれ採用試験が異なり、
どの窓口から入ったかで、出世ポストが決まります。

(1)総合職試験=財務省から国税庁へ出向している財務省キャリア(省キャリ)
→最終的に、国税庁本庁の課長以上のポストと国税局の主要ポスト

(2)上級職試験=国税庁採用となった国税庁キャリア(庁キャリ)
→最終的に、国税庁の課長ポスト、稀に国税局長

(3)国税専門官試験(大卒)税務職員試験(高卒)=国税局採用となったノンキャリ
→最終的に、税務署長(同期の1~2割)、稀に国税局長

私が実務についた頃、神田税務署の管轄に法人を置くことが、
会社にとってステータスで、神田税務署の法人件数が、
日本で最多、と聞いた記憶があります。

しかし、現在、法人申告件数日本一は、渋谷税務署になります。
渋谷税務署の法人件数は、約53,000社で、そのうち休眠会社は15%程度
(※全国平均は、10%)で、実際に約45,000社が申告しています。

渋谷税務署の法人課税部門は、19部門まであり(※以前は22部門)、
調査官だけでも約100人、職員は全部で500人ほどいるそうです。
税務署が大きくなると、税務署を分けます。たとえば、

江戸川区は、江戸川北税務署と江戸川南税務署
品川区は、品川税務署と荏原税務署
大田区は、大森税務署と雪谷税務署と蒲田税務署
港区は、芝税務署と麻布税務署
新宿区は、四谷税務署と新宿税務署
千代田区は、麹町税務署と神田税務署
中央区は、日本橋税務署と京橋税務署
世田谷区は、世田谷税務署と北沢税務署と玉川税務署
杉並区は、杉並税務署と荻窪税務署
足立区は、足立税務署と西新井税務署
練馬区は、練馬東税務署と練馬西税務署
墨田区は、本所税務署と向島税務署
江東区は、江東東税務署と江東西税務署
文京区は、小石川税務署と本郷税務署
台東区は、東京上野税務署と浅草税務署
(※三重県に上野税務署があるため、東京は東京上野税務署が正式名称。)

渋谷税務署は分かれることなく、渋谷区全域を管轄しています。
主な理由として、渋谷区の法人の多くが渋谷駅周辺にあり、
エリアでうまく分けることができないためだそうです。

法人件数では、渋谷税務署が日本一ですが、
歴史が古く納税額が大きい
麹町税務署
神田税務署
日本橋税務署
京橋税務署
芝税務署
は、5大税務署と呼ばれ、格上と言われています。

以前は、3バシ税務署は、格上と言われていました。
日本橋税務署
京橋税務署
淀橋税務署(現・新宿税務署)


法人件数の多いエリアに会社をつくれば、税務調査に入られにくい
という説がありますが、物理的には、一理あるようです。

しかし、全国の国税局(所)及び税務署をネットワークで結んでいる、
KSK(国税総合管理)というシステムを活用しながら調査を進めているため、
どこにあるかはそれほど重要でないと考えられます。

大事なのは、税務調査に入られて困るような対策ではなく、
いつ税務署の調査があってもいいように、しっかりとした準備をしておくことが肝要です。

ページトップ

ご依頼までの流れ

step1
メールにて
お問い合わせ step2
48時間以内
にご返答     step3
48時間以内
にご返答  step4
ご提案  step5
ご契約  step6
業務開始
まずはお気軽にお問い合わせください
Tel.048-781-2543
受付時間:平日9:00-17:00 定休日:土日祝

料金顧問ご契約などに関するご相談は無料。
お問い合わせフォームはこちら
Copyright c osawa certified tax accountant office All Rights Reserved.資金調達・節税対策・独立開業・事業計画・決算・顧問税理士・相続税・確定申告に関するご相談は、大沢税理士事務所へ