• コンテンツ
  • トップページ
  • 業務案内
  • 報酬料金
  • 事務所情報
  • 代表挨拶
  • 経営理念
  • 事務所概要
  • 提携先
  • よくあるご質問
  • コラム
会計ソフト「MFクラウド会計」 クラウド会計ソフトfreeeフリー マイベストプロ

税理士コラム

トップページ>税理士コラム

税理士 大沢育郎の視点

 大沢税理士事務所 所長 大沢 育郎(おおさわ いくろう)が、税理士の視点から様々な内容についてコラムを更新します。

キーワード検索:

MFクラウド公認メンバー

2015年08月06日 更新

事業者が申告を行う際、帳簿をつけることで(=記帳)、
収支や損益をまとめる必要があります。

この記帳方法は、大別すると2つあります。
1つは、自分で入力するやり方(=自計化)。
もう1つは、税理士等へ領収証などの証憑類を丸投げし、
記帳してもらうやり方(=記帳代行)。

前者は、自社で行う分、リアルタイムに資金の流れや損益を把握でき、
又、内製化しているため、記帳コストが抑えられる傾向にあります。

後者は、逆に丸投げすることで、一切の経理業務を外注化していますので、
事業者は、自分たちの時間を事業だけに集中投下していくことができます。

どちらにせよ、帳簿をつける行為は、経営管理や申告において非常に重要ですが、
その行為自体は、直接、利益を事業者にもたらすほどのインパクトがあるわけではなく、
日々のバックオフィスの整理的要素が強いため、どちらかというと
後回しにされやすく、その事業者に適した方法を模索しながらも、
なかなか良い方法を見つけられない現状があります。

いっぽう、一切の経理業務を外注化する流れでは、中国や過疎地域など
比較的人件費が安い地域に、記帳会社を設立し、そちらへ委託する動きもありました。

しかし、最近、この問題に、新たな切り口で急成長してきているのがクラウド会計です。
クラウド会計とは、その名の通り、クラウド上の会計データ機能。

ただ単に、クラウド上で会計ソフトが使用できるだけでなく、
預金口座やクレジット明細などのネットデータを、自動取得し、
会計データとして取り込むことができます。
そして、一度入力された取引は、記憶され、その後は、
自動で仕訳入力されていく機能を持ちます。

結局、今までの記帳というのは、PCなどのデータから、
一度出力されたものを、また会計データに打ち直す(=戻す)
作業をしていることになります。

非常に効率が悪く、アナログな作業に見えます。
しかし、効率が悪いとはいえ、逆に効率化が難しいと言われてきました。

このクラウド会計を導入することで経理の効率化がはかれ、
経理に使う時間が1/5になったという事例もあるようですが、
注意しなくてはいけないのは、まだまだ普及率は、
それほど高くなく、そのソフトも随時改変され、発展途上です。

またこのクラウド会計は、自社に必ずマッチするとは言い難い部分もありますので、
導入するにあたっては、じゅうぶんな検討をする必要があります。

その理由は、あるSEが言っていましたが、どんなに素晴らしい
システムを導入しても、それを扱う人がマズければ、
マズいシステムになってしまう、という点です。

どのソフトを導入し、誰が作業を行い、
誰がチェックして、稼働させていくのか?

個人的には、会計ソフトはどれもさほど差はなく、
大きな違いはあまりありません。
あとは操作性や実際に触ってみて、慣れの問題です。

私の顧問先では、何件かクラウド会計を実際に導入しています。
現在、クラウド会計は、freeeとマネーフォワードが双璧をなしますが、
両社の違いは、freeeは簿記知識がなくとも入力できる操作性であり、
マネーフォワードは弥生会計をモデルにした記帳入力がなされる点です。

主観では、簿記の知識がなくても入力できる、というのはかえって
私などの簿記経験者からすると扱いづらいところがあります。

その点で、簿記がベースとなっているマネーフォワードが、
現時点では使い勝手が良い印象があります。

ただ、クラウド会計は日々進化し、改善されており、そして、
クラウド上のソフトのため、一々バージョンアップ等をする必要も
ありませんので、改善が瞬時に反映され、とてもスピーディーです。

私は、check padやevernoteにDROPBOXなどのクラウドツール、
さらには外出先でも事務所のPCやサーバにアクセスできる
トンネリングキットを愛用し重宝しています。
これらのクラウドツールは、確実に生産性を高めてくれています。

クラウド会計は、まだまだ未知数であり、浸透率はそれほど
高くはないですが、今後の業務改善、会計業務の効率化に
適する事業者が数多く出てくるように思います。

先日、導入実績等で、マネーフォワード社の
MFクラウド公認メンバーへ登録されました。

ファイル 134-1.jpg









《動画 リンク先》

①MFクラウド会計 一般企業様向け動画(3分)
  ・MFクラウドの概要の説明
  https://youtu.be/3m9F-tblgMg

②MFクラウド会計 一般企業様向け動画(20分)
  ・内容:スライドによる説明、自動取得、エクセル、ほか機能の紹介
  https://youtu.be/y63yuz5Xtd8

③MFクラウド請求書 概要(4分)
  https://www.youtube.com/watch?v=YtZU_6eWvbA

④MFクラウド請求書 詳細(23分)
  https://www.youtube.com/watch?v=CfH8SEEjpz4

ページトップ

ご依頼までの流れ

step1
メールにて
お問い合わせ step2
48時間以内
にご返答     step3
48時間以内
にご返答  step4
ご提案  step5
ご契約  step6
業務開始
まずはお気軽にお問い合わせください
Tel.048-781-2543
受付時間:平日9:00-17:00 定休日:土日祝

料金顧問ご契約などに関するご相談は無料。
お問い合わせフォームはこちら
Copyright c osawa certified tax accountant office All Rights Reserved.資金調達・節税対策・独立開業・事業計画・決算・顧問税理士・相続税・確定申告に関するご相談は、大沢税理士事務所へ