• コンテンツ
  • トップページ
  • 業務案内
  • 報酬料金
  • 事務所情報
  • 代表挨拶
  • 経営理念
  • 事務所概要
  • 提携先
  • よくあるご質問
  • コラム
会計ソフト「MFクラウド会計」 クラウド会計ソフトfreeeフリー マイベストプロ

税理士コラム

トップページ>税理士コラム

税理士 大沢育郎の視点

 大沢税理士事務所 所長 大沢 育郎(おおさわ いくろう)が、税理士の視点から様々な内容についてコラムを更新します。

キーワード検索:

高収入で低貯金

2015年10月29日 更新

「高収入で低貯金」といった特集が、ここ最近、多い気がします。
収入とともに生活コストが上がり、気持ちの緩慢が無計画な
支出を生み、貯金ができない、というものです。
高収入でも低貯金な人をリッチプアと呼ぶそうです。

「入るを量りて出ずるを為す」とあるように、収入を計算し
それに見合った支出をしていれば、蓄財可能です。
稼ぎ方も大事だが、それ以上に稼いだお金の使い方も大事。
言葉にすると簡単ですが…。

「家計の金融行動に関する世論調査」(平成26年)によると、
各年代別の世帯の貯金の平均値は下記のとおりです。
20歳代   183万円
30歳代   415万円
40歳代   614万円
50歳代  1,124万円
60歳代  1,765万円
70歳以上 1,598万円

その一方で、貯金のない世帯も増えています。
20歳代  41%
30歳代  34.2%
40歳代  30.4%
50歳代  29.5%
60歳代  28.1%
70歳以上 30.5%

「となりの億万長者」という古典的名著があります。


アメリカの富裕層をリサーチした本です。
タイトルの「となりの億万長者」の意味するところは、アメリカの富裕層の多くは、
高級住宅地で豪華な家に住んでいなければ、高級車などには目もくれず軽自動車を好み、
服装も質素なものを選び、実は億万長者は、あなたのとなりに住んでいるような、
外見上、ごくごく普通の身なりの人たちなんですよ、ということを指しています。

すべてがそうではないとは思いますが、「金持ち=派手な暮らしぶり」は、
テレビ受けがよく、視聴率がとれるので、マスコミが作り上げた
勝手なイメージに過ぎない、という見方もできるのかも知れません。
確かに、お金持ちの暮らしぶりがとても質素で、普通の人と
あまり代わり映えしないものであれば、見ている方も面白くないでしょう。

いっぽうで、ブランド品に身を包み、高級外車を乗り回し、派手な生活を
送っている人たちすべてが、富裕層というわけではなく、単にそういう生活を
したい人々であり、実際の家計は火の車というケースも珍しくありません。

この本に限らず、いわゆる金持ち本の多くは倹約がポイントだったりします。
この本では、資産家に共通する3つのyesを挙げています。
(1)あなたの両親は倹約家でしたか?
(2)あなた自身は倹約家ですか?
(3)あなたの妻はあなたより倹約家ですか?
自分と親と配偶者が倹約であることが、資産家の共通項だそうです。

そして、資産家のライフスタイルはお金が貯まるように
できていて、7つのポイントを挙げています。
(1)彼らは、収入よりはるかに低い支出で生活する。
(2)彼らは、資産形成のために、時間、エネルギー、金を効率よく配分している。
(3)彼らは、お金の心配をしないですむことのほうが、世間体を取り繕うよりもずっと大切だと考える。
(4)彼らは、社会人なった後、親からの経済的援助を受けていない。
(5)彼らの子供たちは、経済的に自立している。
(6)彼らは、ビジネスチャンスをつかむのが上手だ。
(7)彼らは、ぴったりの職業を選んでいる。

さらには、この本の中で提唱され、他でも多々引用されている
「期待資産額」という考え方があります。
年収×年齢÷10=期待資産
この式で出た数値より、実際の自分の純資産額が大きければ、
同じ所得層・年齢層より金持ちと定義できます。

たとえば、30代で年収500万円では、500万円×30÷10=1,500万円
40代で年収800万円の場合は、800万円×40÷10=3,200万円

しかし、私は、生活コストを上げず、倹約することも非常に大切である
とは思いますが、ただ、限界もあるので、収入を上げるのが、より重要と捉えています。

過度なコストカットはしんどく後ろ向きであり、精神衛生上も良くなく、
収入を上げていく発想で考える方が、上を向いて健康的な印象があります。
あくまでイメージですが…。

ある番組で、元銀行員がお金の解説をしていました。
そこで、学資保険にかけるお金があったら、そのお金を奥さんに投資し、
奥さんの年収を上げる方法を考えた方が、家計はずっと楽になる
と語っていて、妙に納得してしまいました。

ひとえに稼ぐといっても、方法は種々様々です。
たとえば、所得税法上、所得を10種類に分類しています。
(1)利子所得
(2)配当所得
(3)不動産所得
(4)事業所得
(5)給与所得
(6)退職所得
(7)山林所得
(8)譲渡所得
(9)一時所得
(10)雑所得

1つの所得に絞りそれを上げるのも1つのやり方ですが、この10種類を眺め、
いくつかの所得を少し底上げすることで、全体を上げる方法も考えられます。

収入を上げることは、そう簡単なことでではありません。
しかし、やる価値はじゅうぶんにあると思います。

ページトップ

ご依頼までの流れ

step1
メールにて
お問い合わせ step2
48時間以内
にご返答     step3
48時間以内
にご返答  step4
ご提案  step5
ご契約  step6
業務開始
まずはお気軽にお問い合わせください
Tel.048-781-2543
受付時間:平日9:00-17:00 定休日:土日祝

料金顧問ご契約などに関するご相談は無料。
お問い合わせフォームはこちら
Copyright c osawa certified tax accountant office All Rights Reserved.資金調達・節税対策・独立開業・事業計画・決算・顧問税理士・相続税・確定申告に関するご相談は、大沢税理士事務所へ