• コンテンツ
  • トップページ
  • 業務案内
  • 報酬料金
  • 事務所情報
  • 代表挨拶
  • 経営理念
  • 事務所概要
  • 提携先
  • よくあるご質問
  • コラム
会計ソフト「MFクラウド会計」 クラウド会計ソフトfreeeフリー マイベストプロ

税理士コラム

トップページ>税理士コラム

税理士 大沢育郎の視点

 大沢税理士事務所 所長 大沢 育郎(おおさわ いくろう)が、税理士の視点から様々な内容についてコラムを更新します。

キーワード検索:

テアトル新宿

2014年08月31日 更新

先日、行政書士の菅野さんが監督した映画「あいときぼうのまち
をテアトル新宿で鑑賞してきました。

2014年6月21日(土)からのテアトル新宿での上映は、これで
ひとまず終了となり、これから全国各地の劇場で上映され、
興行成績次第で、また、テアトル新宿に戻って来るそうです。

私は既に試写会で一度、観ていましたが、公開後に再度観たく、
菅野さんへ事前連絡のうえ、最終日のこの日に行ってきました。

1人で行くのもなんなんで、漫画家のさんを誘いました。
やはり映画を観るならば、1人よりも、新進気鋭の創作家と観た方が、
見終わったあとの映画談議も、より盛り上がるのではないか?と考えたからです。
彼と映画を観るのは、「アバター」以来なので、5年ぶりでした。

劇場に着いて驚いたのは、最終日だったからか、ほぼ満席でした。
そして上映後は、菅野監督をはじめ、主要キャストのトークイベントがありました。

ファイル 92-1.jpg












私は、この映画を観る前に、原発やエネルギー問題に関する書籍等を数冊、読みました。
この映画の意味の1つに、東日本大震災を風化させない、というのがあると思います。

小泉元首相のインタビューが印象に残っています。
重要な問題は、10人いて3人が賛成すれば、2人は反対で、
後の5人は『どっちでもいい』というようなケースが多いんだよ。

正直、原発問題に関して、大多数は「よくわからない」か、
「どっちでもいい」という意見ではないでしょうか?

原発についてまず大事なのは、「正」か「否」かという問題だけではなく、
エネルギー問題を1人1人が身近なものとして関心を持つことだと思います。

震災の傷跡や、起こった事実を変えることはできませんが、
そこから学んでいくことで、震災が起きた意味は、
変えていけると私は信じています。

PS:一般の人から、上映費用などを募るクラウドファウンディングというものをやっているそうです。
(菅野さんより)
https://motion-gallery.net/projects/aitokibo

ページトップ

ご依頼までの流れ

step1
メールにて
お問い合わせ step2
48時間以内
にご返答     step3
48時間以内
にご返答  step4
ご提案  step5
ご契約  step6
業務開始
まずはお気軽にお問い合わせください
Tel.048-781-2543
受付時間:平日9:00-17:00 定休日:土日祝

料金顧問ご契約などに関するご相談は無料。
お問い合わせフォームはこちら
Copyright c osawa certified tax accountant office All Rights Reserved.資金調達・節税対策・独立開業・事業計画・決算・顧問税理士・相続税・確定申告に関するご相談は、大沢税理士事務所へ